無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第14話

13
花梨side。


あなたが恋しちゃった。



彼氏欲しいょー。今頃、幸せなんだろうな。きっと。
涼太
涼太
花梨?
花梨(かりん)
花梨(かりん)
お兄ちゃん。ねぇ、あなたに彼氏出来た😭。
涼太
涼太
あ。それは……仕方ないよ。
花梨(かりん)
花梨(かりん)
その間何?
涼太
涼太
さあな。
涼太side……


まさか、あなたちゃんに彼氏が出来るなんてビックリ。でも、壱馬が兄って場合があるから、多分、彼氏、北人だろ。

仲良いの知ってるし。


涼太
涼太
早く寝ろよ。明日、学校だろ?
花梨(かりん)
花梨(かりん)
分かってるよ。
涼太
涼太
俺はお風呂入ってくるから、その間に部屋に行けよ。いいな。
花梨(かりん)
花梨(かりん)
ハイハイ。分かりましたよ。お兄爆笑😂😂
涼太
涼太
おやすみ
花梨(かりん)
花梨(かりん)
うん、おやすみ