無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

9
北人side

壱馬に相談するか。
北人
北人
壱馬、あのさ、俺〇〇に恋した。
壱馬
壱馬
やっぱりな。予想は着いてたよ。
慎
じゃあ、告ればいいじゃあないですか?
北人
北人
それが難しいだよな。
壱馬
壱馬
チャンスはやるよ。その代わり、付き合ったとしても、泣かしたらマジでキレるからな。
北人
北人
泣かせるつもりはないから。
心配するな。
樹
それがしんぱいなんだよね。
壱馬さん
壱馬
壱馬
そう。
でも、〇〇を幸せにしれやって。
北人
北人
分かった。
泣かせたら責任取れないな。

でも、泣かせなければいいんだ。

頑張ってやらないとな。

ここまで、みんな応援してくれてる。やるべき事をやらないとな。