無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第11話

ジェシー*Chapter:M
Good morning‼︎ジェシーのSixTONESですよ〜。



みんな元気〜??



俺はね、朝寝坊してるあなたちゃんを起こすよー。



起こすのかわいそうになっちゃうくらいぐっすり寝てるし、何より寝顔が可愛いのよ。



可愛い寝顔を見てたら、これこれ。



ついつい口ずさみたくなっちゃうんだよね。



『Strawberry Breakfast 世界が恋する〜♪


Heroineに最高のKissを Just for you〜♪』



…うーん、起こすのもったいないなー。



でも、流石にそろそろ起こさないと遅刻しちゃう。



でもでも、もう少しだけ寝かせてあげたい…あー、どーしようかなあ。



「じぇす〜…?」



『あ、あなたちゃん…起こしちゃった?』



「それ…」



『ん?Strawberry Breakfast?』



「一緒にうたう〜。」



寝起きぽやぽやのあなたちゃん。



一緒になって歌ってたら、だんだん目も覚めてきて楽しくなっちゃってノリノリで歌いだして。



かーわいい。



『主演女優賞をあげる Just for you』



「わたしに?」



『そう、あなたちゃんにあげる。』



「じゃあジェスには主演男優賞をあげる。」



『ありがと♡』



楽しくなって1曲歌いきったことで目もバッチリ覚めたし、



時間もそんなにないし、



朝の支度に洗面所へLet's go‼︎


もちろん、一緒にね。