無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

樹*ご飯、食べなさい!
(なまえ)
あなた
樹くん
樹くん
樹くん
ごめん、今気付いた。どしたの?
(なまえ)
あなた
今日ご飯食べてないでしょ。
         (不在着信 樹くん)
樹くん
樹くん
ちょっ、出て!?
(なまえ)
あなた
出ないよ。
それで、なに食べた?
(なまえ)
あなた
答えてくださーい
樹くん
樹くん
え、えー……??
ウィダーインゼリー!
(なまえ)
あなた
あとは?
樹くん
樹くん
飲むカロリーメイト!
みかんゼリー!
(なまえ)
あなた
それと?
樹くん
樹くん
えっ、それだけだよ
樹くん
樹くん
ちょっ、あなたさん!
既読無視はだめだって!なに!?
            (4分後)
(なまえ)
あなた
信じらんない…
樹くん
樹くん
えっ、ごめんなさい…?
(あなたが写真を送信しました)
樹くん
樹くん
えっ、待ってなにこれ怖い
(なまえ)
あなた
北斗くんが“樹が現場で固形物食べてるところを見ないんだけど家でちゃんと食べてますか?”って心配して連絡くれました。
(なまえ)
あなた
で、これはメンバーさんたちがみた先週樹くんが口にしていた物です。
樹くん
樹くん
俺そんな監視されてたの!?!
(なまえ)
あなた
食べてないね?
(なまえ)
あなた
樹くん、外で全く食べてない
樹くん
樹くん
食べてる!食べてるよ!
(なまえ)
あなた
(怒っているスタンプ)
樹くん
樹くん
あなたさんのご飯は好き!
樹くん
樹くん
けど外で食うのは面倒っていうか……えっごめんなさいちゃんと食います!!
(なまえ)
あなた
心配だからちゃんと食べて。
樹くん
樹くん
だってあなたさんのご飯が1番うまいじゃん
(なまえ)
あなた
(スルー)
みんなでケータリング行く時は樹くんも行って。
樹くん
樹くん
え、固形物食うのって面倒くさいじゃん…
(なまえ)
あなた
だからって周りに心配かけないの。
(なまえ)
あなた
わたしがいないところでもちゃんとご飯食べてくれないと、お夕飯作らないよ。
樹くん
樹くん
それは困る…!
(なまえ)
あなた
ちゃんとご飯食べて、元気な姿をファンに見せてよ。体調管理も仕事のうちよ?
樹くん
樹くん
あなたさんがそこまでいうなら…
まあ頑張ってみるけどさあ。
(なまえ)
あなた
約束ね。
樹くん
樹くん
あ、でもこれだけは言わして!!
楽屋で食う弁当はちゃんと食ってる!
ライブのケータリングは面倒だけど!