無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

慎太郎*北海道はでっかいどう
「慎、今日から北海道でしょ?母さんが慎太郎くん見に行くってうきうきしてた。」



『お母様!まじで?嬉しい。』



「ごめんね、私はお仕事で行けなさそうだから、母さんだけ行くんだけど…。」



『楽しんでくるよ。あなたさんもお仕事頑張ってね。お母さん見つけたらめっちゃ手振ってくる。』



「うん。差し入れするって言ってたから楽しみにしてて。」











公演終了後の、楽屋にて。



『あなたさん?!えっ何でぇ?!仕事って言ったじゃん!?』



「初日だよ?来るに決まってる。久しぶりに実家にも帰りたいしね。」



『仕事って言ってたじゃん!終わったの?!』



「”行けなさそう“って言ったじゃない。行けないとは言ってないわよ。」



『何それ、ずるいって〜。』



「あら、要らないの?母さん特製のいくらの醤油漬け。」



『いるっ!』



「それに、札幌なんてすぐそこよ。」



『いや、遠いよ?来てくれて嬉しいけど。』



「楽しそうな慎、可愛かったよ。」



『せめてそこはかっこいいにして…!!』








【もりもと〜〜〜く】更新
3/26 vol.XXXX
(Photo)

いくらの醤油漬け❤️
あなたさんきてた、まじびっくり。