無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

392
2021/01/11

第3話

うわなんだここ…デカすぎる。
ここまで車で来たからあんま思わなかったけど、荷物がすごく重たい…
及川徹
及川徹
あなた、荷物貸して、俺持つよ!
柚月 (なまえ)
柚月 あなた
え、でも重いよ?徹の荷物もあるし…
及川徹
及川徹
俺は先に置いてあるから大丈夫!ほらほら貸して〜
ちょーっとチャラいけど優しいとこもあるんだ、感心感心。
柚月 (なまえ)
柚月 あなた
じゃあ…お願いします〜!
岩泉一
岩泉一
あなた、部屋割りわかるか?
柚月 (なまえ)
柚月 あなた
うん、紙もらった
岩泉一
岩泉一
そうか、ならいいな。
岩泉一
岩泉一
今の時間が9時だから、1時間後練習始まんぞ。
柚月 (なまえ)
柚月 あなた
えぇ…こんな荷物を部屋で1時間でまとめるなんて…
岩泉一
岩泉一
悪ぃけど、俺たちは練習の準備があって手伝えねぇ。
及川徹
及川徹
ごめんねっ…!
宮侑
宮侑
俺が手伝ったろか?
初めて聞く声……だれだ?
この人…!
柚月 (なまえ)
柚月 あなた
宮侑さん…!?
えええええまさか会えるなんて…!
及川徹
及川徹
ちょ、侑くん準備は?
宮侑
宮侑
俺担当んとこ終わったんや。暇やし部屋戻ろ思たら可愛い女の子が困ってたみたいでな〜
柚月 (なまえ)
柚月 あなた
可愛い……徹のこと?
及川徹
及川徹
ちがっ…俺が可愛いとかないから…!
誰のことだ…
宮侑
宮侑
及川くんたち準備あるんやろ?俺に任せて行って大丈夫やで
岩泉一
岩泉一
そうか、女1人でこの荷物は大変だしな、宮助かった。
及川徹
及川徹
ぐぬぬ…
なんで徹はそんな顔してるのかな
柚月 (なまえ)
柚月 あなた
徹、その顔あんまりカッコよくないよ?
及川徹
及川徹
はっ…これは!
ちょろ…
柚月 (なまえ)
柚月 あなた
うん、かっこいい!
柚月 (なまえ)
柚月 あなた
だから準備しておいで!
及川徹
及川徹
はーい♪
徹ってほんと扱いやすい……笑