無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

348
2021/01/11

第4話

宮侑
柚月 (なまえ)
柚月 あなた
えと…柚月あなたです!!
宮侑
宮侑
あなたちゃんか、よろしゅうな!
柚月 (なまえ)
柚月 あなた
はい…!
あああああ宮侑と話してる…!!!
宮侑
宮侑
部屋入ってもええか?ダメなら外で荷物出して渡すで
柚月 (なまえ)
柚月 あなた
全然!もう居座っちゃってください!
宮侑
宮侑
俺の部屋あるから居座りはせんよ!!笑
関西弁……かっこいいぃぃぃぃぃ!!!!!
柚月 (なまえ)
柚月 あなた
じゃあ…これをこうして…ここに置いてくれますか?
宮侑
宮侑
おん、楽勝や!
あ、幸せ。
そんなこんなで約30分で終わった。
柚月 (なまえ)
柚月 あなた
あと30分あるなぁ…もう体育館って行った方がいいかな
宮侑
宮侑
あと30分あるんか、じゃあ少しお話しよや
柚月 (なまえ)
柚月 あなた
ぜひ!
宮侑
宮侑
あなたちゃんは及川くんとどういう関係なん?
柚月 (なまえ)
柚月 あなた
徹とは小学校からの幼馴染です!
柚月 (なまえ)
柚月 あなた
小さい頃から家は隣だったんですけど中々話す機会がなくて
柚月 (なまえ)
柚月 あなた
私が徹の家におすそ分けを届けに行った的に徹が出てきて
柚月 (なまえ)
柚月 あなた
バレーボールを見つけてそこでバレーの話で盛り上がってました
宮侑
宮侑
へぇ、小学校からなんや!長い付き合いなんやね
柚月 (なまえ)
柚月 あなた
岩ちゃんも同じです!
宮さんいい人だなぁ。
柚月 (なまえ)
柚月 あなた
宮さんはトスのコツとかありますか?
宮侑
宮侑
そうやなぁ
宮侑
宮侑
コツとかはあんまり意識してへんかな
宮侑
宮侑
気づいたらボールの下に自分がいて手が出とるんや
柚月 (なまえ)
柚月 あなた
セッターの鏡だ……
話してるうちに仲良くなってタメ口でも話せるようになってきた
柚月 (なまえ)
柚月 あなた
あ!もうすぐ時間、いかなきゃ
柚月 (なまえ)
柚月 あなた
侑くんありがとう!楽しかった!
宮侑
宮侑
いえいえ〜
宮侑
宮侑
また練習でな!
柚月 (なまえ)
柚月 あなた
はい!
ほんとに、すごく楽しかった。