無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

ぺけたんにドッキリ 蛇が体の上にいたら
雪
小声(おはようございます 今回はぺけたんの家に私とダホちゃんで泊まっています ダホちゃんは仕掛け人です 私は今からぺけたんを起こしに行きます 蛇のおもちゃを持って 今回のドッキリの内容は
ぺけたんの上に蛇がいたらどんな反応するか というドッキリです)
ンダホ
ンダホ
小声(おはよぉー 今説明した感じで行きますあ、僕はカメラ回してます)
雪
小声(それじゃー行こうか)
ンダホ
ンダホ
小声(分かったー)
雪
小声(蛇のおもちゃはこんな感じです)
ンダホ
ンダホ
小声(うわぁーリアルだな)
ンダホ
ンダホ
小声(そんな話をしてる間にぺけの部屋に着きました)
雪
小声(それじゃー開けマース)


カチャ

雪
そーーっと
(ゆっくり蛇のおもちゃを布団の上に置いた)
雪
小声(それじゃー起こそうか)
ンダホ
ンダホ
(。_。`)コク
雪
ぺけたん起きて!!
ぺけたん
ぺけたん
ん?もう朝ごはんの時間?


朝ごはんはいつも8時に食べています
今の時刻8時丁度

ンダホ
ンダホ
うん、そうだよ
ぺけたん
ぺけたん
分かったー今、起きるから先リビングにいて
雪
( ・∀・)b OK!
ンダホ
ンダホ
じゃさきいってるね
ぺけたん
ぺけたん
うん


リビングに戻ってきた

雪
隠しカメラ作動してある?
ンダホ
ンダホ
うん、してる。8時にはスタートするようにセッティングしたよ
雪
えーと
[ん?もう朝ごはんの時間?]
の所かな?
ンダホ
ンダホ
そうそう




うわっ!



雪
あ、
ンダホ
ンダホ
驚いてる!



その頃ぺけたんは

ぺけたん
ぺけたん
うわっ!
や、やべぇーよ蛇いるじゃん
正直いってこれ毒蛇じゃね?!
(メチャクチャパニクってる)
雪!ンダホ!!
助けてくれ〜!!!!
雪
そろそろネタばらし行こうか
ンダホ
ンダホ
( -ω- `)ダネ


ガチャ

ぺけたん
ぺけたん
あ、良かったー
雪
サッ
ぺけたん
ぺけたん
あ、それ毒蛇かもしれないから素手で持たない方がいいって?!
ンダホ
ンダホ
サッ
ぺけたん
ぺけたん
(・д・。)
雪
ドッキリ!!
ンダホ
ンダホ
大成功!!
ぺけたん
ぺけたん
え、これ、おもちゃ?
雪
そうだよ笑
ンダホ
ンダホ
せーの!!
雪&ンダホ
雪&ンダホ
おバカさん!!爆笑😂😂
ぺけたん
ぺけたん
騙された〜
雪&ンダホ
雪&ンダホ
ダホ(´^q^`)ブッフォオオオオオォwwゴホッゴホォゲホオエッ

雪(゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャヒゴッ!!!ゴホッ!ゴホッオエェー!!
ぺけたん
ぺけたん
もう、笑うしかない笑

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

光
フィッシャーズと一緒にした小説です。読んでくれると嬉しいです。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る