無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

202
2019/08/15

第3話

生足美女(??)💜💛♡💙
…んー…
…おっ、あぁ…
センラ
センラ
ちょっと、志麻くん?
志麻
志麻
あのこ絶対足綺麗なのにジーパンって勿体なくない?
センラ
センラ
ほんと生足好きやねぇ…
カフェの窓から眺めていた
志麻
志麻
金髪だし脚長いし…
センラ
センラ
はいはい、志麻くん食べ終わったら行きますよ。
うらたんに叱られますからね
リハの休憩時間に来ているため

あと30分ほどで出なければならない

センラはその生足美女らしき人物には

目もくれずパンケーキを頬張った
センラ
センラ
やっぱ美味しい、さかたんに食べさせたいですねえ
その言葉も無視し

美女らしき人物を食い入るように見る

志麻
すると突然
志麻
志麻
うっそ、あのこ彼氏いるん!??
しかも彼氏のほう背低い!!!
ほら、見てよセンラくん!!!
仕方なさそうに見ると

2人の視線に気がついたのか

彼氏らしき人物がこちらを見る
しません
って、そらるさん!?
志麻、センラだと気付くとトコトコと

寄ってきた

窓越しだったが
そらる
そらる
こんな所で会うなんて奇遇だね
志麻
志麻
ね、ねえ!あの隣の美女って、か、かの…
そらる
そらる
ん?まふまふだよ?
そらるが呼ぶと

くるりと振り返った

志麻
志麻
まふくんやん…
まふまふ
まふまふ
こんにちはー!パンケーキですか!美味しそう
センラ
センラ
美味しいで。
今度2人で食べるとええよ
その後じゃ、と言ってお互い別れた
志麻
志麻
まふくんが美女だったんて…
センラ
センラ
ゔぅん…語弊がある
志麻
志麻
やめろっ!!!