無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

489
2021/07/17

第2話

2
皐月
ふわぁ、……ねむ
私には親がいない
皐月
着替えてご飯作ろ
それは、……
その時の不良にボコボコにされたから……
母と父はとても優しかった。
一人娘の私をとても可愛がってくれた
だけど私が小4の時に






















突然、死んだ
そこには1つの手紙が置いてあった
さつき、ここから早く逃げて
でないとあなたまで死んでしまう
とね
その時の私は逃げるしかなかった……
母の言葉を信じるしか無かった
だから私は、逃げた。逃げて逃げて逃げまくった
だけど


















捕まった



私は喧嘩が強い方だった



身体能力は化け物と言われるほど良かった
だから大人10人くらい
余裕でぶっ倒した。怪我"1つ"なく。
誰かを倒す度にどんどん、どんどん強くなっていく自分が嫌いになった
だから私は男の"フリ"をしている
皐月
久しぶりに散歩でも行こっかな、、












next