無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

271
2021/07/25

第10話

9
皐月
バイバイ!
そう言うと私は家に帰ろうと玄関で靴を履いていた。
皐月
(よしっ)
出ようとした瞬間、、



マイキー
マイキー
るな!
皐月
へっ?
皐月
どうしました??
マイキー
マイキー
はいコレ ニコッ
そう言われて差し出されたのは1枚の紙




マイキー
マイキー
帰ってからでいいから読んどいて
皐月
???わかりました!
私は不思議そうに受け取りそのまま帰った












______
カチッ
皐月
ただいまー
皐月
誰もいないけど笑








結局あの後、貸した服は貰えることになった。(エマちゃん感謝)









皐月
えっと、、
ゴソゴソ













カサ











皐月
あ、あった!











私はマイキーさんから貰った紙を出した



















皐月
(何が書かれてるんだろ)











じっーと


集中して読み進めていく。























皐月
えぇぇぇぇぇ⤴︎ ⤴︎⤴︎!!!!!???
皐月
そ、そそ総長!??






まさかとは思ってたよ?














思ってたけども当たるとは、、、、












皐月
(まだ書いてある、)











私は続きを読み始めた











皐月
……ッ







そこに書いてあったのは
























思い出したくない、あの呼び名















皐月
気付いてたんだね。

















その時の呼び名は…………




























next
深夜投稿申し訳ないです💦
お気に入り、ハート本当にありがとうございます!
これからの励みになります💪
応援よろしくお願いします ((○| ̄|_
出来れば宣伝、、、嘘です申し訳ございませんでした。