無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第62話

作者から(重要)
本当に申し訳ございません

私は今この作品を消そうかななんて考えてます。

この話は、話の構成を考えずに適当に作ってしまったので話がうまくまとまらなさそうです。

これを消した場合、一度書き、今非公開中の小説に専念しようと思ってるんですけど、皆様に考えて欲しいのは
この話を消して、新しい小説にする。

このままこの話を続ける。

この話ともう一つを同時進行する。
(その代わり投稿頻度が減ってしまいます)

この3つの選択肢の中からどれかを選んで欲しいです。コメントお願いいたします。

こんな勝手なことを急に言ってしまい申し訳ありませんがご理解お願いいたします。