無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第137話

第百三十四話🌸
あなた
あなた
はぁ、、、、
気晴らしに散歩をしていると、男の人が声をかけてきた。
スカウトマン
スカウトマン
あの、、、、
あなた
あなた
はい?
スカウトマン
スカウトマン
こういうものなのですが、、、

モデル活動に興味はありませんか?
あなた
あなた
モデル!!!!???

でも、詐欺の可能性もなくないよね?
あなた
あなた
んー、検討します!

私が、モデル、芸能人か、、、、

まぁ、でも丁度いいよね!

仕事無かったし〜〜?


 
その後私は、ルンルン気分で家に帰った。


ネットで調べてみるとあの男の人は、有名な女性雑誌のスカウトマンさんだったらしい。


これ、、、、




チャンスじゃん!!!!