無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

第六話🐰
ジンヒョンが、朝ごはんを作り終わった頃に
眠そうに目を擦りながらゾロゾロと降りてきた
 

みんな、机に座って並べてある朝ごはんをキラキラした目で眺めている。

BTS
BTS
美味しそう!

いただきます!
あれ?ラプモンヒョンとジミニヒョンが降りてきてないな、、、、、、

なんでだろうと思ったけど、僕も朝ごはんを食べ始めた。