無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第93話

第九十話🐯
あなた
あなた
許しません。
そう冷めたような、次の僕達に期待したような顔でそう言うあなたにびっくりした。
あなた
あなた
ごめんなさい。優しい人じゃなくて
そう言って、困り笑顔のあなたにものすごく申し訳なくなった。


ああ、僕達はあなたの優しさに甘えてたんだ。

だから、許してもらえるとか考えてたんだ。
ユンギ
ユンギ
自業自得だな
テヒョン
テヒョン
うん、、、本当にそうだ。
シオン
シオン
じゃあ、僕はこれで
そう言って帰っていくシオン。


前は、シオンなんか、、、とか思ってたけどあなたのことを信じてたんだから僕よりよっぽど良い人だ。
ジミン
ジミン
許してもらえるかな、、、
ナムジュン
ナムジュン
どうだろう、、、
あなたと僕達の間にできた空気は重くどんよりしていた。