無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

第十一話🌸
翌日







あなた
あなた
よし!!!
私はやる気満々のマンで、事務所に向かった。




事務所につき社長室に向かった。

コンコン

社長
社長
どうぞーー
あなた
あなた
失礼します!!
社長
社長
おーー!来てくれてありがとう!
社長
社長
BTSはもうそろそろで来ると思う。
それまで、ある程度マネージャーの仕事内容教えとくから
あなた
あなた
ありがとうございます






一通り教えてもらった後、BTSらしきメンバーが社長室に入ってった。





というか、オーラやば!!

ただもんじゃないオーラがプンプンしてるんですけど!?



そうこうしていると、
社長
社長
あなた入ってきて〜〜
ガチャ
あなた
あなた
ファン・ユリです!
今日からマネージャーをやらせていただきます!
よろしくお願いします!
ナムジュン
ナムジュン
僕たちも自己紹介しよう!
BTS
BTS
ドゥーセ!バン!タン!アンニョンハセヨ!
バンタンソニョンダンイムニダ!
よろしくお願いしま〜〜す!


すっすげー!!


なんか、なんていうのかな?


王者の余裕みたいな?うん、なんか取り敢えず

すごい!!!
社長
社長
あーー、言い忘れてたけど、あなたは
お前たちと一緒の宿舎で暮らしてもらうからな
あなた
あなた
うっっっそ!!
あっ、、、
やば、大声出しすぎた。

えっでもまあしょうがなくない!!?

普通急に、あんな初対面の人と暮らせなんて言われたら、戸惑うの当たり前だよね!?
社長
社長
まぁ、決めたことだからよろしく!
ガチャ


おじさんは出て行ってしまった



、、、、
気まず!!

ナムジュン
ナムジュン
あの、、、宿舎、行きませんか?