無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第122話

第百十九話🌸
あなた
あなた
いただきます
メンバーの皆さんが作ってくれたおかゆを食べながら、私は今後の計画プランを立てた。





まず明日、退職届をおじさんに出す。


そして、その日の夜中にメンバーの皆さんにバレないように家を出る。






で、、問題はその後だ、、、、


マネージャーやめたら、、私、、、、




無職じゃん!!!!!!!!



親に言うの恥ずかしいし、、、、

友達って言えるような人もいないし、、、、




これは、意外と大大大ピンチ!!!!
あなた
あなた
はぁ


ちょっと、まじでどうするべき????


btsと関わることがなくて、、、生活していける仕事、、、、、、







日本に行けば良いんじゃん!!!!!!!!



日本だったら、btsと関わることなんて絶対にない、、、



そして仕事は、バイト、、、するしかないか、、、、

まぁでも、これが1番最善な計画だな、、、、



もう暗くなっているリビングでおかゆの皿を洗いながら私は、決意をした。
あなた
あなた
よし!もう、、これしかない!!!!



これで、だいぶ精神的に楽になるだろう、、、