無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第82話

第七十九話🌸
今は、ほとんどみんな無視に近い状態。
話しかけてくれるのは、この二人だけ
シオン
シオン
あなた〜
ユンギ
ユンギ
あなた、いつもありがとう
いつも、私に積極的に話しかけてくる人達じゃないけどこういう時に私を信じてくれる人がいることに涙が出そうになる。


今は、完全に2チームに分かれている。

あのクソを信じるチーム

ジンさん、ナムジュンさん、テヒョンさん、ジミンさん、ジョングクさん、ホソクさん


私を信じるチーム

ユンギさん、シオンさん





ジンさん達もきっとすごい優しさがあるのだろう。
6人は悪くないのに自分を信じてくれない6人に対してムカついてる私に一番ムカついた。