無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第70話

第六十七話🐰
社長
社長
本人の考えを聞いてみようよ
そう言われた時に、なんで僕は
ジョングク
ジョングク
僕はbtsで活動します!
って言えなかったんだろう。

ヒョンたちはあんなに反対してくれてたのに何で僕は言えなかったんだろう。

そんな、罪悪感を覚えながら家に向かった。
ナムジュン
ナムジュン
みんな集合
すごく静かな宿舎にラプモンヒョンの声が響いた。
ナムジュン
ナムジュン
えー、今日の社長の話の件だけど、みんなの考えを聞かせてほしい。
ジミン
ジミン
やだ!絶対反対!
テヒョン
テヒョン
僕も!
ユンギ
ユンギ
7人じゃないとbtsじゃない
ジン
ジン
ジョングクがいないbtsなんて想像できないもん
ホソク
ホソク
僕も!
ナムジュン
ナムジュン
ていうか、キツいこと言って悪いけど何でジョングクはあの時btsが良いって言わなかったの?
ジミン
ジミン
ジョングクの本当の気持ちを聞かせてよ。
テヒョン
テヒョン
僕は、btsって言ってくれるかと思ってたけど、、、
僕の心を刺してくるヒョンたちの言動にやっと僕の言葉が出た。
ジョングク
ジョングク
僕ってここにいて、意味があるのかな、、、、
ジン
ジン
何言ってるの?!
無くてはならない存在だよ!
BTS
BTS
そうだよ!
僕はだんだん心に余裕が無くなってきた。
ジョングク
ジョングク
なんでそんなことが言えるんですか?!

僕よりダンスがうまいヒョンもいるし、

歌だって僕より上手なヒョンが沢山いるのに!?
僕が必要って何を根拠に言ってるんですか?

僕が、いなくてもbtsは成り立つのになんでそんな僕が必要だと、無理やり理由をつけてここにいさせようとするんですか?
なんて、思ってもいないような事をどんどん言ってしまった。

ジョングク
ジョングク
すみません。頭を冷やしてきます。
焦った僕は、リビングを出て行った