無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第89話

第八十六話🦉
あなた
あなた
じゃあ、見てみましょうか!
シオン
シオン
うん。そうだね
3人とも風呂から上がった後、早速カメラの中身を見てみることにした。
ユンギ
ユンギ
あなたの部屋にあったのはこのカメラかな?
映像を見てみると、クソが自分で化粧をゴミ箱に入れている所がバッチリ映ってた。
ユンギ
ユンギ
ひどいな
あなた
あなた
ですよね!本当に首絞めてやろうかと思いましたもん。
シオン
シオン
 wwwww
あなたって、意外と怖いこと言うよな、、

まあ、そこも可愛いんだけど。
シオン
シオン
じゃあ、明日休みだしこの映像を持って行こう。
あなた
あなた
はい!
シオン
シオン
じゃあ、夜ご飯でも頼もうか。
あなた
あなた
夜ご飯の分は私が払います!
ユンギ
ユンギ
大丈夫
シオン
シオン
いいよ。僕たちが払う
あなた
あなた
いや、でもこんないい所泊まらせてもらったし、感謝の気持ちも込めて私に払わせてください!
シオン
シオン
じゃあ、よろしくね
その後、僕たちはピザやハンバーグや、まあとりあえずめちゃめちゃ食べた。
ユンギ
ユンギ
じゃあ、そろそろ寝るか
あなた
あなた
はい。お腹いっぱいですし!
そう言い寝室に入った。
ユンギ
ユンギ
?!
シオン
シオン
ユンギさんが驚いたのもわかる。

キングサイズのベッドが二つくっつけて並んでいるのだ。
(これが二つ)
ユンギ
ユンギ
ファミリー用の部屋にしちゃったわ
あなた
あなた
なんで、そんな驚いてるんですか?

僕ら3人で寝るっていうことなのに全く気にしてないようだ。
あなた
あなた
3人でこの広さなんだから十分ですよ!
ユンギ
ユンギ
ああ、そうだな
位置は、
左       真ん中        右
ユンギさん   あなた        僕
て感じ。

しばらくすると
2人とも疲れたのか眠っているようだった。

僕も、疲れたため眠った。