無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第126話

第百二十三話🌸

そして少しして、国際空港に着いた。



私は今から、日本行きの1番早い便に乗って日本に行く。





乗る直前も、乗った後も、メンバーやシオンさんのことを考えてしまう私はまだ切り替えられてないのだろう。