無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

第四話🐰
リビングに入ってきたのは、ジンヒョンだった。
朝ごはんを作るために、早起きしてくれているのだろう。

ジン
ジン
ヤーーーー、ジョングク

最近早いな!! 
頭でも打ったのか?アヒャヒャヒャヒャ
ジンヒョンの声が、頭にものすごく響いて
頭を抱えようとしたけど、ジンヒョンが
心配しそうだから、なんとか耐えた。

ジョングク
ジョングク
ジンヒョンおはようございます!
最近、早起きを心がけているんですよ!
なるべく、大きめの声で言ってみた。

ジン
ジン
おー朝から元気だな!!
じゃあヒョンは、みんな分の朝ごはんを作るね!
ジョングク
ジョングク
いつもありがとうございます!
ジンヒョンなら、相談しても良いかな、、、
というか、相談したい。

でも、迷惑かけちゃうよな。
辞めとこう、、、