無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第41話

第四十話🐰
ジョングク
ジョングク
はっっ!!
時計を見ると朝の8時だった
僕、寝れたんだ、、、
その嬉しさを噛み締めていると、
あなたも、起きたみたいだ。
あなた
あなた
うん?、、、
ジョングクさん?
あなた
あなた
はっっ∑(゚Д゚)
体調良くなりました!?
ジョングク
ジョングク
www大丈夫だよ!ありがとう
あなた
あなた
なんか、いつもの100倍笑顔が素敵ですけど何かあったんですか?
その笑顔はあなたのおかげだよ、、、
て言いたいけど恥ずかしいな、、、
ジョングク
ジョングク
ううん。何も(//∇//)
あなた
あなた
ジョングクさん顔赤いですよ。
もしかしてまだ体調悪いんですか!?
ジョングク
ジョングク
とにかく何でもない!!
じゃあ朝ご飯食べに行こう!
あなた
あなた
そうですね!
そして、僕たちはバイキングに向かった。