無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第39話

第三十八話🐰
夢の中では、練習室でみんなで踊っていた。

ホソク
ホソク
ジョングク、ずれてるよ
ホソク
ホソク
なんでできないの?
また、僕がずれてるとホソクヒョンが注意してきた。
そしたら、僕が
ジョングク
ジョングク
僕は不眠症なんですよ!?

だから寝れなくて全然体が動かないんです!?
と、でっかい声で言った。

僕は、言えたことに嬉しくなった。

でも、
ホソク
ホソク
えっっwww
だから何?
ナムジュン
ナムジュン
そんな理由で出来ないとかふざけんなよ
テヒョン
テヒョン
それで僕たちが、励ましてくれると思ったわけwwwww
ジョングク
ジョングク
!?
僕が、思い描いていた反応とは全然違くて
僕の心に針をズキズキ刺してくる。

ジミン
ジミン
もう行こうぜwww
ユンギ
ユンギ
お前みたいなんか奴、一人でやっとけよ
ジン
ジン
そんな、不眠症なんかで言い訳しないでくれるwww
そうして、みんなが練習室から出てった。
そして、そこに入ってきたのは

あなただ。
あなた
あなた
ジョングクさん、大丈夫ですか!?
あぁ、この子の優しさにずっと縋っていたいな
、、、