無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第143話

第百四十話🌸
今日は、MAMAがあります!


今は、新幹線に乗って大阪に向かっています!
ファン
ファン
あの、、、あなたさんですか?
あなた
あなた
はい!
ファン
ファン
あ、あの私あなたさんのファンなんです!

いつも、〇〇買ってます!
中学生くらいの女の子が喋りかけてきた。
ファン
ファン
写真、撮らせてもらっても良いですか?
あなた
あなた
良いよ!

買ってくれてるんだ〜。ありがとうね!!

これからも買ってね!
ファン
ファン
はい!

ずっと好きでいます!
そう言って、写真を撮ったらお母さんらしき人の所に行った。





私、有名になったんだな〜〜。



まだ実感が湧かないわ〜〜

そしてしばらくしたら、大阪駅に着いた。

まだ余裕があったので観光名所を回った後、タクシーに乗り会場に向かった。