無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第147話

第百四十四話🐭
ユンギ
ユンギ
あなた!!!!
俺は、思わず叫んだ。




俺の声を聞いて、振り向いたあなたは驚いたように目を見開いている。
あなた
あなた
忘れて、、なかったん、、ですか?
シオン
シオン
あなたのことを忘れた日なんて一度もなかったよ、、、、、
シオンはあなたに会えたことに感動して、もう泣きそうな表情だった。
しばらくの沈黙が続いた後、
あなた
あなた
あの、、、ご飯食べに行きませんか?
あなたがそう言った。


あなたには聞きたいことが山ほどある。
ユンギ
ユンギ
ああ
俺はすぐさま返事をした。


そして準備が終わった後、車に乗って個室がある洒落ているレストランのようなところに行った。