無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第50話

第四十九話🐰
シオンとも仲良くなり、1ヶ月ぐらいが経った。
僕の体調はというと、寝れたのはあのあなたと一緒に寝た時だけでそれ以降は全然寝れてない。
今日も、休み時間に9人で雑談をしている。
テヒョン
テヒョン
 wwwwww
あなた
あなた
wwwwwwww
シオン
シオン
 www
シオンもだいぶみんなに心を開いてきたみたいだ。


ブルブルブル 


まただ、最近寝れてないからか急に手が震えだす


止まれ、止まれ、止まれ、、、

だけど、ぜんぜん止まらない

いつもは、少し我慢したらすぐ止まるのに今日は全然止まらない。
焦っていると、それに気づいたのかあなたが、
机の下でギュッと、震えている僕の手を握ってきた。
あなたは、普通に会話しながら僕の手をずっと握ってくれてた。


このままじゃだめだな。そろそろメンバーにもあなたにも言わないとな、、、