無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

第二十一話🐰
早速ダンスの練習が始まった

ホソク
ホソク
ジョングクズレてるよ!
当たり前だけど、寝れてないから体が全然動かない
ジョングク
ジョングク
すみません
最初の方は、みんな笑顔で僕を注意してくれるけど、僕は何回も何回も同じミスをする。

頭の中ではわかってるのに、何故か体が動かない

そんな僕にメンバーも
ホソク
ホソク
ジョングク、またズレてる、、、

なんでこんなに注意してるのに、できないの?

前だったら、そもそもこんな間違いなんてしなかったじゃん。

なんで?踊る気あるの?

こんなんじゃarmyがガッカリするよ
そんなの僕だってわかってるよ、、、

と思ってたら、口に出てしまった。
ジョングク
ジョングク
僕だって、一生懸命踊ろうとしてますよ!

ホソク
ホソク
じゃあなんでできないの??
今こそ不眠症のことを言いたかったけど、何故か言葉が出てこなかった。
ジョングク
ジョングク
、、、、、
ホソク
ホソク
はぁ、、、
これ以上言い訳するんだったら出てって
僕が出て行こうとした時に、
あなた
あなた
ちょっと待ってください!!
僕たちの練習を眺めていたあなたが、呼び止めた。