無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第98話

第九十五話🌸
クソの言う言葉になぜか納得してしまい、なにも行動できない私が怖かった。

でも、
そうた
そうた
俺と同類だよwww
とクソの言った言葉のおかげでやっと私も体が動いた。
あなた
あなた
ふざけんなよ!!!!
と言った同時にビンタしてやった。
そうた
そうた
どうしたのwww
あなた
あなた
お前みたいな、、、存在しちゃいけない奴がメンバーの事をぐちぐち言うな!!
言い出したら、止まらなかった。
あなた
あなた
確かにお前が言ってることが事実な部分もあるし、私もメンバーのことを信じれてないけど、、信じたいと思ってるし!!!!
あなた
あなた
こんなふうに私は勝手なことを言ってるけど、メンバーは、信じてもらえるまで頑張るとか言ってくれてるもん!!

お前みたいなクズでカスでクソな存在価値のない奴と6人を一緒にするなよ、、、、、
言ってると、涙が出てくる。
そうた
そうた
、、、、、
社長
社長
はあ、とりあえずソウタはクビな。そしてあなたに慰謝料払え
そうた
そうた
はい、、、、、
そう言って、クソは出て行った。
あなた
あなた
はぁ、、、

私たちも、、これで、、、、、
なぜだろう。一度涙を流すと止まらない。