無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第97話

第九十四話🐰
翌日


シオン、あなた、僕ら7人で社長室に今回のことを言いに行った。
社長
社長
じゃあ、本人にしっかり聞いてみようか
一通り言い終わった後、ソウタを連れてくるそうだ。
そうた
そうた
なんすか?
ソウタに全てを言い終わった後
そうた
そうた
 wwwww
BTS
BTS
?!
あなた
あなた
!!!
シオン
シオン
???
ソウタが笑い出した。
社長
社長
これは、事実なのか?
そうた
そうた
はい
あなたにセクハラしたことも完璧に事実ですね〜

動機は、単純に面白そうだったからwww
社長
社長
なんで、そんなヘラヘラしてんの?
そうた
そうた
だって、面白いじゃないですかwww

すぐに信じる人を変えてくるメンバーがwww
BTS
BTS
?!
そうた
そうた
たしかに今回は完全に僕が黒ですね。

あなた達は、僕が言ったことをすぐに信じたくせに映像を見つけたらすぐにあなたの方を信じるんですねwww

この映像だってプロだったら作れるのにwww

だから、ちっぽけな脳みそだな〜〜って思ったんですよ。

また、どうせこんなことすぐにするのにww

みんな、僕に向かって怖い顔してるけどお前ら6人も同類だよwww
ジョングク
ジョングク
、、、
僕は、なにも言い返せない自分が悔しかった。

ああ、僕って馬鹿だな、、なんて思っていたら次の瞬間あなたが、ソウタの頬にビンタした。
あなた
あなた
ふざけんなよ、、!!!!