無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

第十話🌸
あーーー
また不採用だ〜〜〜




皆さま今私は絶対絶命の危機を迎えています。

仕事を探しているものの、全く採用されません。



そんな時、私に神様が舞い降りたのです。
スマホ
スマホ
プルルルル、プルルルルルルル
あなた
あなた
はい、もしもし
社長
社長
あなた久しぶり!
どう仕事見つかった?
あなた
あなた
あー、おじさん?

まっっっったく!この世の終わりレベルに全く採用されない。

おーーー、就職の神よ降りてきておくれ〜〜!
社長
社長
そんな、あなたに良い仕事があってな。

アイドルグループのマネージャーなんだけど、
前までやっててくれてた人が辞めちゃってさ〜

どう?やってみない?
あーーー、なんか事務所の社長やってたとかなんか言ってたっけ?

ん?
ちょっと待って?
これは、、、、



大大大大チャンス!!!




おー神よ、ありがとうございます。

この恩は一生忘れません!
あなた
あなた
やります!絶対にやります!
社長
社長
おーそうか!
ありがとう。
じゃあ明日早速、僕の事務所来てね!
よろ〜〜〜
あなた
あなた
はーーい。

ちょ、ちょ、ちょっと待って!

なんのグループ?

社長
社長
あーー、BTSって言うナムジャグループ
あなた
あなた
TBS?なんだそれ?聞いたことないんだけど
社長
社長
BTSなwww
お前アイドルのことなんも知らないからなwww
まあ取り敢えず、明日からよろしく
あなた
あなた
ホイ!
頑張りまーす!
スマホ
スマホ
ぴーぴーぴー
、、、、、




あなた
あなた
よっっっっしゃゃーー!!
(あなた道端で大声で叫んでます)
そのあと、スキップをしながら、家に帰りましたとさ