無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

第3話 🐰
僕は今日もいちばん早く起きた。(と言っても全く寝れなかったけど)

時計を見ると朝4時だった。

朝、鏡の前に立つと正直自分の醜い姿を見て
びっくりした。

ボロボロの肌に、すっごく目立つ隈に、痩せこけた頬、きっと寝れてないからだろう。

適当に洗面所のところにあった化粧品でなんとかごまかした。


リビングに行って、ソファーでゆっくりしているとしばらくして、誰かが降りてくる音がした。