無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第155話

第百五十二話🌸
あなた
あなた
ふぇっ??!!
空からは、バケツをひっくり返したような雨が降っていた。
あなた
あなた
おいおいおいおいおい!!!!
傘持ってねえし、、、

てかなんで気づかなかったん???!!!!
あなた
あなた
駅まで15分、、、

ファン・あなた突っ走れ〜〜!!!!
ずぶ濡れになりながら、走っていると、、、
あなた
あなた
ん?
あなた
あなた
ん??(2回目)
あなた
あなた
ん??!!(3回目)
あそこに見えるのは、、、レンさん、、、??


子犬のようなものを抱えているレンさんが遠くに見えた。



まさか、、、









子犬を殺そうとしてんの???!!!!


あいつなら、、、あり得る、、、、、、
あなた
あなた
おりゃーーー!!!!
私は、光並みの速さであの人のもとに向かって行った。
あなた
あなた
あんた!!!!

子犬、殺しちゃあかんで!!!!???
レン
レン
は?