無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第112話

第百九話🐭
ジョングク
ジョングク
あなたが居なくなったら僕、生きていけないから、、、、、
なんて言うジョングクにカチンと来た。

この前あなたが居なくなってしまうような扱いをしたくせに、、、、

シオンも怖い顔をしてるから同じ気持ちなのだろう。 



他のメンバーやあなたはその言動を気にするそぶりはない、、、


こんなにメンバーのことが信用できてないのは俺ら二人だけなんだろうか、、、

その怒りに任した勢いで、メンバーを追い出してあなたに聞きたいことを聞こうと思った。


シオンもそれに乗ってくるから、何か関係性があるのだろうか、、、、、


意外とメンバーはすぐに居なくなってくれて3人だけの空間になった。