無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第138話

第百三十五話🌸
その後、私は渡された名刺に書いてあった電話番号で連絡をした。
あなた
あなた
やらせてください!
スカウトマン
スカウトマン
おー、じゃあ明日からよろしく!

事務所に朝9時ね!
あなた
あなた
はい!

これから、私の新しい人生だ!!!!