無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

第二十二話🌸
ホソクさんとジョングクさんの、言い合いを聞いてて私は勝手に声が出てた
あなた
あなた
ちょっと待ってください!!
あなた
あなた
こんな入ったばかりのマネージャーが、こんなこと言って申し訳ないんですけど、私見てたんですけどジョングクさんは一生懸命踊ろうとしてると思います!!

メンバーに怒られてる時もものすごく申し訳なさそうで、悔しそうな顔してましたし、踊っている時だってすっっごく真剣な顔をしてました!
私からしたらめちゃめちゃうまいですけど、
思い通りダンスを踊れない理由がジョングクさんの中にあると思うんです!

なんでそんなにジョングクさんのことを責めないであげてください!
ホソク
ホソク
別に庇わなくても、、、
あなた
あなた
いや!
私は意外と鋭いんですよ!
ホソクさんが、ファンの方を喜ばせるために
一生懸命に頑張ろうとしてるのはよくわかります。
だけど、ジョングクさんも自分なりに頑張ろうとしてると思うんです!
なので、一度落ち着いてお互いを理解しあいましょう。
テヒョン
テヒョン
僕もジョングクには、何か訳があってミスが
多いだけで、やる気がない訳じゃないと思う。
テヒョンさん、ナイス!!!
ナムジュン
ナムジュン
そうだな。
二人とも悪くない。
お互い理解し合おう。

ジョングクからは、話を聞くからあなたの言う通り一回落ち着こう!
ナムジュンさん、さすが!!
他のメンバーの人たちも、リーダーの言葉に
頷いてる。
ホソク
ホソク
ジョングクの気持ちも分かってあげられずに、
きついこと言ってごめんね
ジョングク
ジョングク
いや、僕こそホソクヒョンは僕のために言ってくれたのにきつい返し方をしてしまってごめんなさい
よし!!
これで一件落着