無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第127話

第百二十四話🌸
あなた
あなた
日本だーー!!!!


朝5時、羽田空港に到着した。





日本の空気は韓国と似ているようで、違うようで、とても新鮮だった。







この後のプラン的に、とりあえず予約しといたホテルに向かう。




ん?お金は大丈夫なのかって?


チッチッチッチッチッ〜〜

私ってね、意外と貯金してるタイプの女なんだよ?!

何円かって?


まぁわかりやすく言うと今仕事しなくても、3年ぐらいは楽に暮らせるぐらいのお金かな、、、

だから、

ホテルに行きーの、

そこで一旦暮らすーの、


家探すーの、


バイト探すーの、


安定だーの、


て感じ?





私って、意外とハイスペック女子!!!!???


なんて思いながら、ホテルに向かった。









今頃、宿舎はどんな感じかな、、、、


今の時間帯的に、ジンさんが朝ごはんを作り始めたぐらいかな、、、、、、