無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第176話

第百七十三話🐺
レン お母さん
レン お母さん
、、、
その次の日からお母さんは俺を無視するようになった。
学校に行ったらもっとひどいんだろうな www

🏫
俺が教室に入ってくると、全員がいっせいに俺のことを見た。
社長
社長
タケシ、俺らが守るからな
そう言って俺のことを睨みつけてタケシのことを守っている。
レン 高校生
レン 高校生
はぁ
タケシはいつも静かで何も喋らない。

そりゃ先生だってみんなだって絶対に信じるはずだ。

そう呆れていると、


ピーンポーンパーンポーン

放送「八乙女レン、早急に職員室に来てください」
と、放送が入った。



職員室に向かうと、
教師
教師
おい八乙女!お前何したか分かってんのか!!???
レン 高校生
レン 高校生
俺はいじめなんかしてないです。
教師
教師
はぁ?何言い訳してるんだよ!!???
レン 高校生
レン 高校生
俺が言い訳をしてるって言う証拠は?

タケシがいじめられてた証拠は?

出せよ
教師
教師
ッッッッッ、、、そんなもの関係ない!!!!!!


お前がやったことはもう分かってるんだぞ!!!!
まぁ、だろうな wwwwwwww
レン 高校生
レン 高校生
あっそ www
教師
教師
謝れよ!!???
レン 高校生
レン 高校生
はいはーい
そう言って職員室を後にした。