無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第117話

第百十四話🌸
ああ、私は何をしているんだろうか?
ユンギさんの言葉に、
あなた
あなた
はい!分かりました!
って、素直に返事をしとけば良かったのに、、、
 少しカッとなったぐらいでなんで、私はユンギさんのことを振り払ってしまったんだ、、、

シオン
シオン
あなた?、、、
そう、私の名前を呼びながら私の顔を心配そうにのぞいてくるシオンさん、、、

なんで、こんなひどいことをした私をそんな目で見てくるの?









なんで、私はシオンさんまで振り払おうとしているの?






ここにいると、私の精神がおかしくなってしまいそうだ、、、、
シオン
シオン
あなた、、、
大丈夫だから
そういって、暖かく大きな手で私を包み込むシオンさん、、、、


このまま、全てを振り払ってしまった方が楽になるんだろうか、、、