無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第86話

第八十三話🌸
てか、宿舎帰りづら、、、
なんて、思っていると
ユンギ
ユンギ
隠しカメラの回収もできたし、ホテルにでも行こうか、、、
シオン
シオン
そうだね。ホテルかなんかである程度、情報を整理しよう。それができたら証拠を見せつけに行こう。
あなた
あなた
ありがとうございます!
ほんとうに迷惑かけt
ユンギ
ユンギ
迷惑かけて、は禁止用語な
あなた
あなた
はーい
その辺のホテルで部屋を借りた。
ユンギ
ユンギ
6人用のでっかい部屋でいい?
あなた
あなた
はい!ありがとうございます!
シオン
シオン
ここの部屋か、、
ドアを開けてみると、
あなた
あなた
広!!
ユンギ
ユンギ
 wwwww
十分だろ?
あなた
あなた
はい!逆に十分すぎるくらいです!
シオン
シオン
ふぅ
部屋の中にある椅子に腰をかけた
あなた
あなた
あの、お風呂入ってきていいですか?
ユンギ
ユンギ
ああ
シオン
シオン
みんな入り終わったら、証拠を整理しよう。
あなた
あなた
はい!
30分後
あなた
あなた
終わりましたー!
ユンギ
ユンギ
(//∇//)
シオン
シオン
(//∇//)
あなた
あなた
え、なんか私変ですか?
ユンギ
ユンギ
何も
シオン
シオン
う、うん
あなた
あなた
このくだりさっきもあったじゃないですか〜。
シオン
シオン
www
ユンギ
ユンギ
 www
ユンギ
ユンギ
俺らも風呂入るか。
シオン
シオン
はい