無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第104話

第百一話🌸
てか、今思ったけど私の立場は"マネージャー“

これは仕事なんだからこんなことでメンバーの皆さんに迷惑かけるのは絶対に嫌だ。
メンバーだって嫌なはず。

なんて思いながら、下に降りて行った。
あなた
あなた
おはようございます!
ジン
ジン
おはよう!

前よりは、だいぶ空気感は楽になった気がする。
ジン
ジン
てか、あなた大丈夫?顔色悪いよ。

あなた
あなた
そうですか?
ジン
ジン
うん。
いつも仕事してくれてありがたいけど、体は大切にしてね!
あなた
あなた
はい!


大切にしたいんだけどな、、、、、
まぁ別にこれくらいなら大丈夫!
あなた
あなた
よし!
朝ごはんを食べ終わり、事務所に向かう時に気合を入れた。