無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第43話

第四十二話🌸
そして、MAMAの日がやってきた。




今は、楽屋で化粧をしている所です!
だがしかし、やばい、、、





今この言葉を聞いた皆さんは、ぶりっこな女子が、、、とかやばい香水の匂いがする女が、、、とかを想像するでしょう。





だがしかし、何と






みんな男なのだーー!!

あぁ確かおじさんが
社長
社長
メンバーと近づきたくて仕事をする奴がいないように、全員男にしてるんだ。だけど、人手が足りなかったしあなただったら信用できるからおまえは例外だ。
て言ってたような、、・
そんな事を考えていると、
テヒョン
テヒョン
あなたーー、何考え事してんの?www
化粧が終わったテヒョンさんが私の顔を覗いてきた。
あなた
あなた
いや、何でもないです!
スタッフ
スタッフ
そろそろでーす
BTS
BTS
はーい
はぁ助かった
ジョングク
ジョングク
ねぇあなた見に来てくれるんだよね!?
そんな目でいわれたら、断り難いが
あなた
あなた
申し訳ないんですけど、私はマネージャーの仕事があるので楽屋で仕事しときます!
ジョングク
ジョングク
え〜〜(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)
あなた
あなた
そんな可愛い顔で言われてもむりです
ナムジュン
ナムジュン
行くぞー
ジョングク
ジョングク
はーい( ̄^ ̄)
はぁ良かった