無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第182話

第百七十七話🐺

俺は高校卒業後、スカウトされたからモデルをし始めた。




でも、交友関係は絶対につくらない。




笑顔も撮影以外極力見せない。








だけど、こいつは俺の壁をぶっ壊そうとした。








「レンさん!!」




人を信じて疑わないようなあの純粋な目。









俺が1番嫌いなはずの目がおまえのせいで1番
好きな目になった瞬間だった。
あなた
あなた
人を信じられないなんてかわいそうな人ですね!


俺は、おまえの言葉でどれだけ傷つけられたことか。






だけど、離れようと思っても離れたら俺の世界がなくなってしまいそうで、、、、









ああ、怖いなぁ、、、、、