無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第129話

第百二十六話🐯
ジン
ジン
みんな起きて!!!!


あなたが、、家を、、出ていった、、、、
そう涙目で、ジンヒョンが急に言ってきたから驚いた。





そして、急いでリビングに降りて行った。






机の上に置いてあった手紙を見ると、たしかにあなたがやめるという文が書いてあった。
テヒョン
テヒョン
うそ、、、、

起きてきたメンバーも、目を見開いている。
ジョングク
ジョングク
どういう事?
ジン
ジン
僕にも、、わからない、、、、


宿舎の中が混乱した状況になっている所、
スマホ
スマホ
プルルルルル
社長から電話が来た。


きっとあなたのことだろう。
社長
社長
話があるから来てくれ