無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第164話

第百六十一話🌸
今回のコンセプトはカップルでペアルック♡

って感じのらしい。

そりゃまあ当然
カメラマン
カメラマン
満面の笑みでね〜
っていうわけじゃん???


もうこれチャンス!!!!

チャンスでしかないわ、、、




満面の笑みでスタンバイする私の横で、彼は動揺したような感じだった。
カメラマン
カメラマン
レンくん?
あなた
あなた
どうしたんですか?
レン
レン
いや、なんでもない
彼は、笑っているつもりなのだろうか?
カメラマン
カメラマン
もうちょっと自然に、、、笑える?
レン
レン
あっすみません、、、、、、
その後も何度も何度も取り直しをし、やっと終わった。
レン
レン
本当に、ごめんなさい、、、、、
カメラマン
カメラマン
いや、大丈夫だよ!

こういう日とかみんなあるから!
レン
レン
ありがとうございます
あなた
あなた
レンさん、大丈夫ですか?

辛そうでしたけど、、、、、、
レン
レン
別に
2人きりになった瞬間いつもの塩に戻ってしまった。
あなた
あなた
また「別に」攻撃ですか!!???
あなた
あなた
私は、レンさんのこと知りたいのに、、、、、、
レン
レン
!!!
レン
レン
ごめん、、、
あなた
あなた
ふぇっ!?別に謝らせるつもりは、、、
レン
レン
俺も謝るつもりじゃ無かったよ
あなた
あなた
なんでですか?
レン
レン
お前が子供みたいに泣き出しそうだったから
あなた
あなた
はっ!!!???
そう言って、ズンズンと歩いて行った.