無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第118話

第百十五話🦉

ユンギさんが出て行った後の部屋は、なんとも言えない空気だった。


あなたの顔を覗いてみるとあなたの目は、絶望にあふれたような死んだ目をしていた。

僕は、あなたを抱きしめてみた。


前ネットで見たんだけど、ハグをするとストレスが3分の1減るらしい。


だけど、どんなことをしても、どんな言葉をかけてもあなたの目は変わらなかった。



あなたを救うにはどうしたらいいのだろうか?








人を救うということは、こんなにも難しいことなのか、、、