無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第96話

第九十三話🐰
あなた
あなた
ごめんなさい、、、
謝ってくれたのに、、、
なんて、寝ていると思っている僕に向かってそういうあなた

なんで、あなたが謝ってるの?

全部悪いのは僕たちなのに、、、

あなたが部屋から出て行った後、
ジョングク
ジョングク
はぁ
大きなため息をついた。


あなたになんて事言わせてるんだろうか、、、

ただ謝ることしかできない僕の無力さに対するため息なのかもな、、、