無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

第二十九話🐰
今日は、特に体調がやばい、、、

ヒョンとあなたははしゃいでるけど、
僕はバレないようになんとか笑うのに必死だった。
ナムジュン
ナムジュン
じゃあホテルに行こうか!
と、言われた時に安心した。
ホテルに着いた時に
ジン
ジン
部屋決めるのどうする?
ジミン
ジミン
何人部屋なんですか?
ホソク
ホソク
2人ずつの部屋が4つあるよ!
げっっっ、一人部屋は無いのか、、、
テヒョン
テヒョン
じゃあくじで決めよう!
作者
作者
くじで決めた結果


ジン・ナムジュン

ホソク・ユンギ

ジミン・テヒョン

ジョングク・あなた
ナムジュン
ナムジュン
えーー、ヒョンですか、、、
ジン
ジン
えっ!?なんで嫌なの!?
あぁヒョン悲しいな:;(∩´﹏`∩);:
ナムジュン
ナムジュン
だって、うるさくて寝れなそうですもん。
ジン
ジン
ゔぅ、否定できない、、、
あなた
あなた
私は、、、 
ジョングクさんですね!
ジョングク
ジョングク
うん、、、
声を出すのもきつい。
ジョングク
ジョングク
あの、、、
疲れたんで、夜ご飯まで部屋に行って良いですか?
ナムジュン
ナムジュン
うんそうだね! 
まだ、夕飯まで2時間ぐらいあるから自由時間だね!
BTS
BTS
はーい
あぁ早く横になりたい、、、
早足で自分の部屋に行き
倒れるように、ベッドに横になった。