無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第48話

第四十七話🌸
その後、私は仕事を進めながらシオンさんと色々な話をした。
私が日韓ハーフでおじさんの誘いでマネージャーになったこと。
シオンさんは、メイクの専門学校には行かず、
独学でメイクを学んでアイドルのメイクさんになったこと。
あなた
あなた
、、それで、私が驚いて気絶しちゃったんですよ!
シオン
シオン
wwwww
関係ない、雑談もたくさんした。
私の仕事が終わった頃に、MAMAが終わったメンバーの皆さんが帰ってきた。
BTS
BTS
!?
 みんな、シオンさんがいることにびっくりしてる。
ナムジュン
ナムジュン
僕たちのメイクやってくれてる人だよね?
シオン
シオン
はい。
僕はさっきあなたに、虐められてる所を助けてもらったんです。
ホソク
ホソク
おー!あなたやるじゃん!
あなた
あなた
そうですか?ありがとうございます!
シオンさんとてもいい人なんでみんなで仲良くしましょう!
ナムジュン
ナムジュン
何歳何ですか?
シオン
シオン
20歳です
ジン
ジン
ヤー、じゃあシオンくんよろしくね!
BTS
BTS
よろしく!
シオン
シオン
よろしくお願いします
テヒョン
テヒョン
じゃあ、僕たちはそろそろ帰ろっか!
あなた
あなた
そうですね!シオンさんさようなら〜〜!
シオン
シオン
うん。また次の仕事で。
そして、私たちは宿舎に帰った。