無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第153話

第百五十話🌸
カメラマン
カメラマン
おっいいね〜〜
撮影が始まった


何パターンかの写真を次々と撮っていった。
カメラマン
カメラマン
じゃあ、最後にレンくんがあなたちゃんに抱きついてみようか!
あなた
あなた
ふぇ!
レン
レン
まぬけな声出すなよ
そう私の耳でささやいて、何ともなさそうに私にバックハグをした。
カメラマン
カメラマン
いいね〜!じゃあ次はあなたちゃんが抱きついてみようか!
あなた
あなた
、、、
レン
レン
早く抱きしめろ
そうまた私の耳にささやいてきた。


ちょっと微妙にエッチィ声出すんじゃないよ!と思いながら私は真正面からハグをして、彼を上目遣いした。
レン
レン
(////////)
私が彼と目があった瞬間、彼の顔がどんどん赤くなっていった。
照れてんのかな?



冷たかったり、照れたり、、、、、、





お前何なん!!???